釣り初心者から上級者まで!海釣りの最新情報をお届けします!

海釣り速報

カレイの投げ釣りに道糸沈め!

投げ釣り

カレイの投げ釣りに道糸沈め!

投稿日:

カレイシーズンの釣果はいかがでしょうか?シーズンになると堤防にも投げ竿がずら~っと並んでいますね!

カレイ釣りで必須のアイテムといえば道糸沈め!

置き竿の投げ釣りでは道糸を沈めておかないと船のスクリューにラインを巻かれて竿ごと持っていかれてしまいます!

道糸沈めは使い方もカンタンなのでタックルボックスに1個は準備しておくようにしましょう!

道糸沈めを使って竿とリールを守る!

カレイ釣りといえば置き竿の投げ釣りが主流です。

平均的に1人3本程の竿を出してじっくりアタリを待つというスタイルの人が多いのではないでしょうか。

カレイ釣りでは潮のヨレているところやかけ上がりがポイントとなりますが、堤防釣りのホットスポットと言えばやはりミオ筋(船の通り道)です。

ミオ筋は海底がエグレていてかけ上がり状になっているため、カレイをはじめ多くのターゲットが狙えるポイントとなります。

ミオ筋をめがけてキャストし、かけ上がりを感じたところで錘を落ち着かせてアタリを待つ。

これがカレイ釣りの王道的スタイルです。

ここで問題になるのが船の往来です。

漁港での釣りであれば常に漁船が行き来するわけですが、仕掛けを船の通り道に置いているとスクリューに巻き込まれて大事な竿やリールごと海に吸い込まれてしますどころか、場合によっては漁師さんの船を破損させてしまうこともあります。

船が近づいてきたらリールを巻いて仕掛けを回収すれば良いのですが、その都度何本もの竿の仕掛けを回収するのは大変ですよね・・・。

そこで役に立つのが「道糸沈め」というアイテムなのです。

【簡単】道糸沈めの使い方

「道糸沈め」というのはその名の通り道糸を沈めるためのアイテムです。

錘を使って道糸全体を沈めることによって船のスクリューに巻き込まれるのを回避するのです。

使用方法は至って簡単です。

いつも通りカレイ仕掛けを投入したら、適当なスナップに6号~10号程度のナス錘を付けて道糸にセット。

その錘の負荷で道糸が沈めばOKです。

特別な道具は必要ありませんが、シーズンにカレイ釣りをたっぷり楽しむのであれば専用のスナップを持っておくと良いかもしれません。

道糸沈めを使って道糸を沈めておけば、船の往来が激しいポイントでも安心して置き竿の投げ釣りができます。

道糸沈めを使った投げ釣りのデメリット

カレイの投げ釣りではぜひ使いたいアイテムなのですが、残念ながら弱点もあるのです。

それは道糸を沈めてしまうのでアタリがわかりにくいということです。

この場合、竿先の小さなアタリを取るような釣りはやりにくくなってしまいます。

カレイ釣りに関してはそれほどシビアに小さなアタリを取りに行く釣りではないので実釣レベルで問題はありませんが、はじめて道糸沈めを使う場合には念のため頭に入れておきましょう。

ギアラボの反転道糸沈めを使ってみる

スナップで錘を付ける一般的な道糸沈めの方法だと、魚が掛かったあとのやり取りも常に錘の影響を受けることになります。

その問題を解決したのがギアラボの反転道糸沈めです。

反転道糸沈めには錘に浮力体が付いているので、アタリがあった時に竿でアワセを入れると自動的に錘が外れる仕組みになっています。

そしてこの反転道糸沈めは付属のロープを巻いて回収するというワケですね。

置き竿の投げ釣りが好きな人は持っておいて損のないアイテムですね!







楽天市場でお買い物する前にチェック!

楽天市場でお買い物するなら楽天カードがオススメです。
入会+カード利用で5,000ポイントもらえるキャンペーンを実施しているので、お目当ての釣り具が実質5,000円安く購入できます。

-投げ釣り
-

Copyright© 海釣り速報 , 2018 All Rights Reserved.